カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ネイルスクールのカリキュラムの中には検定対策もある

ネイルスクールに通うとなると、何らかの形に残るものがほしいという人も出てくるでしょう。また、ネイルの資格を持ってネイリストとして活躍したいという人も多いかもしれません。
この時、形に残したい、スキルの証明をしたいというのなら、ネイル検定をとったほうがいいでしょう。
このネイル検定ですが、種類は様々です。
ひとつはJNAなどが行っているネイル検定で、これはネイルカラーを塗ることができるか、出来栄えは綺麗か、というようなことを見るもので、3級から1級まであり、3級を取得すれば十分一般的なサロンでのネイリストとして活躍するスキルがあるとみなされるでしょう。ただ、大体の場合は1級まで取得したいという人が多いようです。
一方、最近人気のジェルネイルにも検定があります。こちらも3級から1級まであり、ジェルネイルをするネイリストとしてのスキルや腕前を保証できるというものです。
ネイルスクールの場合、他にも様々なネイルスクールのカリキュラムによってはそのようなネイルの資格取得の対策を行っている所も多いでしょう。特に資格取得コースは人気があるので、早いうちにコースが満員になってしまうことも珍しくないようで、人気のあるネイルスクールは特に人気があるでしょう。

ただ、資格取得のために必ずネイルスクールに通わなくてはならないかというとそうでもありません。
ネイル検定の場合、手技がしっかりしていること、知識があると筆記試験で認められることができれば、ネイルスクールのカリキュラムは十分充実したものになります。
このため、中にはネイルの基礎基本的なコースに行って大体のスキルを得たうえで、自分でネイル検定の対策をして合格した人もいます。また、それまで独学でやってきた人ならネイルスクールの一部で行われている直前の検定対策コースのみを受験して合格する人もいるのです。
それでも、もし万全な対策がしたい、というのなら、検定対策コース、絶対合格コースなどのカリキュラムが充実しており必ず合格させるコースを選ぶ方がいいでしょう。資格取得に向けたコースは様々あり、特に最近ではネイルだけではなくジェルネイルの資格も取らせるところ、3級と2級を取らせるところなど、特に充実したカリキュラムが人気となっています。ネイルスクールでは資格取得系のコースはとても人気のあるコースですので、はやめに問い合わせだけでもして、どういうものか知っておくとよりスクール選びも捗るのではないでしょうか。

ネイル検定合格率が高いカリキュラムがあるネイルスクール

ネイル検定には、3級・2級・1級と3つの階級があります。それぞれの合格率は、3級が90%、2級が40%で1級は30%という難易度となっています。このように、3級は容易に取得できますが、2級以上はそれなりの勉強が必要です。ネイルサロンでは、ネイル検定2級以上を求人の基準としているところが多いので、プロのネイリストとして活躍するには最低2級以上は取得することが必要です。3級の学科試験はさほど難しいものではなく、基礎的な知識を身につければ合格できます。実技試験の内容もネイルケアとカラーリングだけで基本的な技術を確認するだけと言ってよい内容で、動作が多少ぎこちなくても不合格になることはありません。時間内に課題を終えることができればほぼ合格は間違いありません。
2級になると難易度は上がり、1級は、合格率だけを見ると2級と同等ですが、2級を取得すればプロとして充分通用するので多くのネイリストは2級までの資格で働いており、1級まで取得する人はさほど多くないのが実情です。その中の30%の合格率ですから相当な難関で高レベルのプロフェッショナルと言えます。
3級はネイルスクールに通わなくても独学や通信講座でも取得できますが、2級以上を最短期間で取得するには、ネイルスクールに通って効率的なカリキュラムで学ぶことが早道です。

2級は、実技ではプロとして通用するかどうかを試されるレベルです。仕上がりの出来栄えだけでなく、動作や手際の良さも要求されます。実技は前半35分、後半55分の計90分で、ネイルケア、チップ&ラップ、カラーリング、ネイルアートが内容です。筆記は35分で、こちらは3級より少し難しい程度でテキストを学べば合格できるレベルです。
そして最難関の1級は、実技はネイルエクステンションとネイルアートを150分で実施します。合格にはハイレベルの技術力と仕上がりの美しさが要求されます。150分という限られた時間内で自分の技術を出し切るには相当な訓練が必要です。筆記は45分で、2級と比べると専門知識が問われます。
各級の取得に必要な最短期間は初心者からスタートすると、3級=3ヶ月、2級=半年、1級=1年が目安です。あくまでも最短でです。特に1級に関しては2年くらいが平均値です。
最短期間で2級以上に合格した人の大半は、ネイルスクールに通っています。一般合格率が40%の2級でも、最短期間に合わせたカリキュラムがしっかりとしたネイルスクールでは70%を超える合格率を出しているところもあります。ですので、自分に合った最適なスクール選びは合否や取得期間を大きく左右することは間違いありません。

ネイルスクールと専門学校の違いについて

ネイリストを目指すとき、ネイリストのための国家資格というのはありません。未経験者OKのネイルサロンに飛び込んで実践を通じて学んでいくという方法を取るのも決して不可能ではないのです。資格を持たないまま就職したり自身でサロンを立ち上げたりということもできます。
ただ、やはりお客様の手を取り扱う以上、万が一のことがないように、そして万が一のことが起きてもすぐに対処できるように技術力だけでなく専門知識を得ることは決してマイナスにはなりません。信頼感のアップや就職を有利にするためにもネイルスクールや専門学校で学ぶほうが一から現場でやるよりも近道だったりするのです。
ネイルスクール・専門学校ともにネイルについて学ぶ場所ですが、学校教育法に基づいた学校法人である専門学校と、無認可校であるネイルスクールとでは違いがあります。自分が将来どのようにネイルにかかわりたいのかを考え、それぞれの特徴やメリット・デメリットを知った上で、自分にとってどちらが良いのか見極めるようにしましょう。費用や年齢、今の立場などによってもどちらが合っているのかは違ってきます。資料請求は無料なので、気軽に取寄せして検討してみましょう。

専門学校の場合、学校法人の一つである以上、学校教育法に定められたカリキュラムをこなす必要があります。ネイルに関係ない項目も学ぶため知識が広がるものの、ネイルだけに特化したネイルスクールでの勉強に比べれば広く浅い知識しか得ることができないでしょう。入学金や授業料もネイルスクールに比べて少し高めです。
しかし専門学校と違い、スクールの方は法律にとらわれることなく自由です。自分が望む分野を突き詰めて勉強することができます。通信教育があるのもスクールならではで、転職や育児が落ち着いてからの仕事を希望する人にとってありがたいでしょう。
とにかく安く、短期間で効率よく専門知識を学びたいというのならネイルスクールを目指してみましょう。
ただ時間がない人なら通信教育もよいですが、実際に学校に通うことはプロの講師たちの施術の様子を間近に見たり、同じ目標に向かって進んでいく仲間たちと知り合うことができるなどさまざまなメリットがあります。まずは専門学校であれネイルスクールであれ、通うことができる近場にどんな学校があるのか調べてみてもよいでしょう。
ネイル関係の資格を取りたいというのであれば独学で勉強するよりもいずれかを選択して勉強した方が合格率は確実にアップします。

海外留学で通うネイルスクール事情

ハワイには、人気のネイルアートとペディキュアの技術を学ぶことができる、プロのネイリスト養成の為の公認ネイル専門学校があります。2011年にアメリカで初のカルジェル認定スクールとして、カルジェル本部から正式にスタジオスクールに認定されています。ネイリストは、美容業界の中で最も成長している職種で、ファッションに敏感な顧客に、ネイルテクニシャンとしてアーティフィシャルなサービスを提供するわけです。当ネイルスクールでは、ハワイ州ネイルライセンス取得受験のコースと短期体験型のプログラムがあります。充実した学科や実技を始め、接客やサロンワークなど実践に即したカリキュラムで構成されています。それにより、ネイリストとして実際の仕事に活かせるだけでなく、将来的な独立などの目標達成のためのノウハウも取得できるわけです。また、海外からの留学生の為の特別クラスも開校しており、日本語対応クラスもあるので安心です。短期コースを含めて、全てのコースでネイルに関する講義があり、経験豊富なプロの講師から、実践に役立つ知識や技術を学べます。講師は全てインストラクターライセンスを持っており、少人数限定のマンツーマンに近い指導を受けられます。また、当ネイルスクールの留学生は、専門学生ビザが取得できるのも魅力です。

オーストラリアのシドニーにも、ネイル留学プログラムのあるネイルスクールがあります。ネイリストとして、レベルアップしたい人などが通っており、環境を変えることで技術に磨きをかけ、自信を持って接客に当たれるわけです。勿論、海外のネイル事情を知ることができる他に、オーストラリアの観光を楽しめるのが魅力です。ネイル留学を実施している国や地域は他にもありますが、シドニーのスクールはカリキュラムをカスタマイズできるので、期間を含め、自分の都合に合わせて通えるのが特長になっています。また、ネイルスクールは、比較的に街の中心地に立地しているので、治安の良さも大きな利点だと言えます。プログラムは2週間の短期のものからあり、予算や時間的都合に応じて、カリキュラムを立てることが出来ます。また、特筆すべきは、ネイルの道具はスクールから提供されることで、自前で持参する必要がないので負担がなくて助かります。スクールの雰囲気としては、サロンの奥がスクールスペースになっているので、堅苦しい感じがなく、明るく実践的な印象になっています。講師は、全員が日本人なので、言葉の問題もなく、和気あいあいとスクーリングが受けられます。そして、生徒の人数が少ないので、殆ど個人指導の様に技術を取得できるわけです。スクールは予約制になっており、続けて通うことも空いた時間だけ来ることも出来ます。